仕事もガチ
フィットネス事業部
2017年4月入社

石井 亜季

  • フィットネス事業部
  • カーブスさくらもーる店

スポーツを広げるような仕事に携わりたいと入社した。サッカー女子で大学ではフットサルをやった。自身が経験した運動の効果をメンバー様の方に伝えている。

女性を笑顔にする仕事は、
私自身も笑顔にしてくれます

VOICE1

70代のメンバー様の笑顔が
すごく嬉しくて感動

スポーツに携わりたいという気持ちがありました。アスリートとしてではなく、人にスポーツの良さを知ってもらう仕事をしたいと思い、ボルトンのカーブスを選びました。

この仕事の一番のやりがいは、運動を通じて人(女性)を笑顔にすることができるところです。70代のメンバー様が、「前は膝が痛くて辛いことが多かったけれど、今は毎日が楽しい!」と笑顔で話していただけ、すごく嬉しくて感動しました。メンバー様は皆さま様々なお悩みを抱えていますが、筋トレをすることによって気持ちが明るくなったり、前向きになることができます。カーブスの仕事の意味がそこにあります。笑顔が増えるのを身近で感じることができ、メンバー様だけでなく働く私たち自身も自然と幸せになれるのがとても素晴らしいと思います。

VOICE2

人の幸せはもちろん、
自分自身の幸せも考える

初めの頃は何もわからない自分がいました。覚えることも多くて悩み、失敗も毎日のようにありました。そういう時はまずは報連相の徹底です。良い事でも良くないことでもその日に感じたこと、思ったことを先輩にすぐに報告しました。みんな優しいのですぐ相談に乗ってもらえ、一緒により良い方向を考えてくれました。

ですから、新卒の後輩が入ってきたら、次は私が声をかけて一緒に成長できるようにしたいと思っています。

ボルトンに就職してカーブスで働くことで、人の幸せはもちろんですが、自分自身の幸せも考えるようになりました。それも、社員のことを家族のように考え、社員の幸せを本気で考えてくれる社長がいる会社だからだと思っています。

COLUMN

遊びもガチ

前向きに活動すること!学ぶ姿勢を崩さないこと!それが誰にも負けない私の自信。

高校まではサッカー、大学生になってからはフットサルを取り組んでいました。小さい頃から身体を動かすのが好きでした。

社員インタビュー

SPウェア事業部

フィットネス事業部