私たちの仕事

SPウェア事業部

スポーツウェア製造とマーキングを
一体化した幅広い業務

SPウェア(スポーツウェア)事業部は、スポーツウェアの企画・製造・販売と、ユニフォームなどへのマーキングという2つの事業を統合的に展開しています。

スポーツウェア製造では、営業、企画からデザイン、パターン作成、生地の選定、プリント、裁断、縫製まで、小規模企業では稀な一貫生産体制を築いていて仕事にも幅広さがあります。また、昇華プリントを中心にしたマーキングはユニフォーム製造と一体のものですから、仕事の流れからもウェア製造分野とマーキング分野は分かれてはおらず、それぞれの業務が1つの流れの中で行われています。

仕事の流れ

  1. STEP1

    営 業

    全国各地の学校、スポーツクラブ、スポーツ用品店、スポーツ用品卸問屋に対して、ボルトン製品(BOL-TONE及びMUNTERブランド)の紹介、企画提案、販売契約を行うとともに市場の情報収集を行います。

  2. STEP2

    商品企画

    スポーツウェア、ユニフォームの企画・開発、生地メーカーとのオリジナル生地共同開発、商品カタログの制作、販売キャンペーンの企画などを行います。

  3. STEP3

    パターン(型紙)作成

    パターンCADを使って、フルオーダーの特注ユニフォームなどスポーツウェアのパターンメイキング (型紙作成)、パターングレーティング(サイズ別型紙作成)を行います。新商品企画でのパターンメイキングも行います。

  4. STEP4

    在庫管理(自動倉庫)

    ボタンを押すだけで在庫品を搬出できる6層の立体自動倉庫を備え、大量の原反生地や工場で製造したウェア製品を在庫管理しています。管理担当者は、工場が要求する生地を即座に選び出す生地のプロです。

  5. STEP5

    フロント

    注文の窓口業務です。スポーツ用品店・卸問屋・卸先のメーカーから届くユニフォームとマーキングのオーダーシート・WEBオーダーを受け付け、お客様と連絡を取りながら社内のデザイナー、製造担当、在庫管理担当に作業を依頼し、納品までを管理します。

  6. STEP6

    生産管理

    原材料となる原反付属類の在庫管理や発注業務を行います。裁断(業務)スケジュールの計画指示や調整をしたり、提携先との連絡などを担当します。その他、製品の品質管理や生産数の指示なども担います。

  7. 既存ラインナップへの注文、または、
    マーキング・昇華プリントユニフォームへの注文によって、
    製造工程を分け進行

    ①既存ラインナップの場合

    STEP10「裁断」工程へ

    ②マーキング・昇華プリントユニフォームの場合
    1. STEP7 デザイン制作

      膨大な種類の型紙テンプレートを利用しながら、フロントからの注文に応じたマーキングや昇華プリントユニフォームのデザイン制作、印刷データ作成を担当します。特注品や新商品の型紙に対するデザイン制作や、カタログデザイン制作などもあります。

    2. STEP8 面付け・印刷出力

      昇華プリントユニフォームの場合、デザイナーから送られたデータを元に大きな生地に多くの型紙をどのように配置するかの面付けをPC上で行い、大型の高速インクジェットプリンターを使って昇華インクで熱転写用紙に印刷するなど、細かい湿度管理が重要な作業です。

    3. STEP9 熱転写

      ポリエステル100%生地と熱転写用紙とを重ね合わせ、大型の熱転写機で熱(200℃)と圧力をかけて昇華インクを転写します。また、カットしたシートを既成のウェアに載せて、手作業式の熱プレス機で行う熱転写もあります。

  8. STEP10

    裁 断

    ユニフォームのデザインが熱転写された生地を一枚裁ち自動裁断機にかけ、360度回転するカッターで各パーツの型紙どおりに高速裁断していきます。裁断した各パーツは1着ごとにまとめて縫製工程へ回します。量産品の場合は、自動延反機でしわなく伸ばされた原反生地を量産用自動裁断機により裁断します。

  9. STEP11

    縫 製

    縫製内容によって各種の工業ミシンを使い分け、各パーツを縫い合わせて1着のユニフォームに仕上げます。高品質なウェアづくりには、高い技術力を持つ縫製の職人技が求められます。

  10. STEP12

    出 荷

    出来上がった製品は検品され、注文内容と照合してスポーツ用品店、卸問屋、卸先のメーカーなどへ発送されます。